International Leadership Course

コー ス概要 (三年間コース) はここをクリックしてください。


二年目


 

一週間の時間数:6時間

教員:  アルバニース先生、遠藤圭悟、ヘイキブライン


二年目

一学期 (4月ー7月)

リーディング練 習: 英字新聞の記事や雑誌の記事など、より高度な英語を読み、記事の中の重要単語を理解する力や問題に答える力、記事に ついて自分はどう考えるかなどを

短いエッセイ(150字程度)にまとめる力を つけます。

物語スピーチ:  自分で物語を作り、それをスピーチにして皆に発表します。

問題解決能力育 成: 教員から与えられた様々な問題を、一定の条件の中で解決する方法を考える訓練をし通して、論理的に物事を解決する力 を養います。

また、自分の問題解決法を他の人に説明した り、議論したりする方法を学びます。

他の人と話をする際、うまく同意したり反論し たりする方法を学びます。強く反論するためには、感情的になりすぎず、

論理的な理由をきちんと述べる大切さを学びま す。

問題解決プレゼ ンテーション: 自分の身の周りにある問題に目を向け、そのような問題はどのようにしたら解決出来るかをグループになって 考え、

調査し、クラスの前で発表します。

パラフレーズィ ング: 文章の書き換えや、パラグラフの書き換えを学びます。

サマリー: エッ セィや記事などの要約文の書き方を学びます。

交渉術: どん な人とも対等に交渉する力を養います。

エグザイル: 無 人島に島流しにあった場合を仮定し、何を持っていきたいか話し合う活動があります。この活動を通 して、数えられる名詞、数えられない名詞の復習や、量やセットの言い表し方の定着を図ります。 

カントリー ティーチングプレゼンテーション: 3-4人のグループを作り、自分たちが決めた国について英語で10分間の授業を行いま す。

教えるというこ と: 実際に教える立場になることで、効果的な授業の仕方、教え方を学びます。パワーポイントやプリント作り、テスト作り も行います。

情報収集:  本、雑誌、インターネット、専門家などから効果的に情報を収集する力を養います。

パワーポイント: プ レゼンテーションではパワーポイントを使用するので、パワーポイントの使い方を学びます。

コマーシャル製 作: 3-4人のグループでオリジナルコマーシャルを作ります。ビデオ撮影、編集、音楽の挿入など本格的なコマーシャル作 りを通して、映像機器の使い方はもちろん、効果的な宣伝の方法を学び、創造性も養います。

ミニディベート: 二人ずつのペアになり、不 思議なある物体が何であるかを討論し合うディベートを行います。論理的に説明する力、討論する力、感情を込める方法などを学びます。

 

二学期 (9月ー12月)

2年生の2学期には、6週間、オーストラリア に留学します。

留学の前に:  どのように日本の伝統的な物(食べ物やお土産品など)をわかりやすく説明するかを学びます。

オーストラリアについての地理や文化、コミュ ニケーション方法、歴史などを学びます。

事前合宿:  5泊6日の事前合宿に行き、寝泊りを共にしながら絆を深め、さらにオーストラリアについて、日本について学びます。

事前合宿では、ホストファミリーに渡すお土産 についてのスピーチを行ったり、オーストラリアの地理についてのプレゼンテーションを行います。

その後、6週間の留学に出発します。

オーストラリ ア: オーストラリアでは、最初の1週間は大自然の中でキャンプをし、その後の5週間はホームステイをしながら、

麗澤高校の姉妹校のTrinity Luthern Collegeという高校で勉強します。

オーストラリア エッセイ: 日本に帰国後はオーストラリアでの経験を生かし、パソコンを使ってオーストラリアと日本の文化の違いについて のエッセィを書きます。

エッセイを読み手にとって興味深く、伝わりや すいものにするような工夫の仕方を学びます。

オーストラリア文化を見、調べ、研究し、日本 と比較しながら論理的なエッセイにしあげます。

何度も何度も書き直しながら完成させ、自分で パソコンに打ち込み最後にはエッセイ集に仕上げます。

オーストラリア スピーチ: オーストラリアでの特別な経験をスピーチにして、皆の前で発表します。過去形の文章の練習になりますし、皆の 前で発表し、

思いを共有することで、ずっと思い出は心に 残っていくでしょう。

 

三学期 (1月ー3月)

オピニオンス ピーチ: 5分から10分のオピニオンスピーチを行います。オピニオンスピーチとは、自分が大切だと思っている事柄(主に 時事問題)について情報を集め、自分の

意見をスピーチにして述べるものです。沢山の 情報や例を集め、聞き手に伝わりやすいスピーチになるよう、何度も書き直しながらスピーチをしあげます。

聞き手にきちんと自分の意見が伝わり、共感し てもらえるようにすることが目標です。

ニュースプレゼ ンテーション: 3-4人のグループに分かれ、全て英語で15分間のニュース番組を作ります。

11月から2月の間に起こったニュースを選 び、要約記事を作り、国内外のニュース、スポーツニュース、天気予報、15秒間のコマーシャルを作り、

15分間のニュース番組にして発表を行いま す。そのニュースには地域のニュースや特集、音楽のランキングや芸能、ビジネスニュースなども取り入れられます。

また、パワーポイントを使ったり、音楽を使っ たり、映像を撮影し、編集したりなど、様々な力を付けていきます。また、自分たちでセットのデザインもします。